sanutimeのクッキングタイム
料理も人生も、ちょっとしたコツで、劇的に変わる。
パスタ

【レシピ】あっさりさっぱりうっとり、シラスとプチトマトの大葉ジェノベーゼ。

シラスとプチトマトの大葉ジェノベーゼ

大葉ジェノベーゼソースのアレンジシリーズ!
今回はシラスとプチトマトの大葉ジェノベーゼのご紹介です。

和風のパスタはペペロンチーノが王道ですが、ジェノベーゼも最高です。
攪拌するだけで簡単に作れるのでぜひお試しください!

シラスとプチトマトの大葉ジェノベーゼ

ポイント

・材料をいれて攪拌するだけ!

・パスタを茹でる際に塩を使わない!

・シラスはたっぷりトッピングする!

材料 (2〜3人前)

パスタ
・パスタ 250g
・水 1リットル

ソース
・ニンニク 2片
・オリーブオイル 50ml
・大葉 15枚(お好みで増やしても◎)
・松の実 大さじ2(カシューナッツでも良い)
・パルメザンチーズ 大さじ1
・昆布茶 小さじ1
・パスタの茹で汁 おたま1杯

トッピング
・プチトマト 6個
・シラス たっぷり

作り方

  1. 鍋に水・パスタ・塩を入れ、パスタに記載された茹で時間のマイナス2分でセットする。
  2. ニンニクは、半割りにして皮と芽を取り除く。
  3. 大葉は茎を取り除く。
  4. プチトマトは、水洗いしてヘタを取り、1/4にカットする。
  5. ニンニク・オリーブオイル・大葉・松の実・チーズ・昆布茶(茹で汁以外のソースの材料)をミキサーに入れ、全体が細かくなるまで撹拌する。
  6. ミキサーで撹拌したソースをフライパンに入れ、中火で30秒〜1分ほど加熱する。
    (大葉とニンニクの香りが立ってきたらOK)
  7. ソースにパスタの茹で汁を加え、加熱しながら混ぜる。
  8. 茹で上がったパスタをいれ、絡めながら30秒〜1分ほど加熱しながら絡める。
    ここで、少し味を見て味が薄いようであれば、昆布茶または塩を加えて味を整える。
    (この時、盛り付け〜食べるまでの時間を考え、少し硬いと思うくらいで過熱を終えるのが良い。)
  9. お皿に盛り、たっぷりのシラスとプチトマトをトッピングして完成。

おわりに

シラスとプチトマトの大葉ジェノベーゼをご紹介しました。
大葉ジェノベーゼを作るには、具材を撹拌する機械が必要になります。
私が食材を攪拌する際は、ブラウンのハンドブレンダーを使用しています。

撹拌したい時、みじん切りしたい時、泡立てたい時など、様々なシチュエーションで活躍し、時間と手間を削減できるので本当におすすめです!