sanutimeのクッキングタイム
料理も人生も、ちょっとしたコツで、劇的に変わる。
パスタ

【レシピ】魚介の旨味に吹く大葉の風、シラスのペペロンチーノ。

家にあるシラスで美味しいパスタを作りたいと思いませんか?
そんな方にお勧めしたいのが、シラスのペペロンチーノです!

たっぷりシラスと魚醤の旨みに大葉の爽やかな風が吹く、絶品パスタをぜひご堪能ください!

シラスのペペロンチーノ

ポイント

・基本的な手順はペペロンチーノと同じ!

・シラスをたっぷり使う!

・魚醤を加えて魚介の旨味をプラス!

・アクセントに大葉をトッピング!

材料(2〜3人前)

パスタ
・パスタ 250g
・水 1リットル
・塩 10グラム

ソース
・ニンニク 大2片
・オリーブオイル 大さじ4
・鷹の爪 1本
・シラス 100g
・魚醤 小さじ1/2
・パスタの茹で汁 おたま2杯

トッピング
・大葉 お好み

作り方

  1. 鍋に水・パスタ・塩を入れ、パスタに記載された茹で時間のマイナス2分でセットする。
  2. ニンニクを半割りにして芽を取り除き、包丁の腹を使ってつぶす。
  3. 鷹の爪は種を取り除き、輪切りにする。
  4. 大葉はよく洗い、千切りにする。
  5. フライパンに2のニンニクとオイルを入れ、弱火で温める。(強火で火を入れてしまうと、オイルに香りが移る前にニンニクが焦げてしまうので注意。)
  6. ニンニクが透明になって柔らかくなってきたらフォークで繊維に沿ってほぐすようにつぶしていく。
  7. ニンニクを潰し終わったら、鷹の爪とシラスを入れる。
  8. オイルにパスタの茹で汁と魚醤を加え、白濁するまで完全に混ぜる。
  9. 乳化したソースに茹で上がったパスタをいれ、絡めながら30秒〜1分ほど加熱しながら絡める。
  10. お皿に盛り付け、千切りにしておいた大葉をトッピングをして完成。

おわりに

シラスのペペロンチーノをご紹介しました。

シラスは多く入れるのに越したことはありません!
そして、大葉もたっぷり入れてよく混ぜて食べるのが最高です。

魚醤について、あまり知らない方もいらっしゃるかもしれません。
魚を塩と漬け込み、発酵させたものから抽出した液体を魚醤と言います。
魚醤はエスニック料理などに使われる「ナンプラー」のイメージが強く、「癖が強い」「使いづらい」と言った印象を持っている方も多いかと思います。

しかしながら、アジアの魚醤以外にも日本の魚醤やイタリアの魚醤など様々あり、使用する量を少量にとどめることで独特な香りを感じず、旨味調味料としてお使いいただけます。

私は、デルフィノの「コラトゥーラ・ディ・アリーチ」を使用しています。

独特な匂いが強くなく、普段の料理やドレッシングに少し入れるだけで旨味がグッと増すので良く使っています。
また、ペペロンチーノにこの魚醤を加えるだけでまた違ったペペロンチーノにすることができます。

気になった方は、お試しいただいてはいかがでしょうか!?